動脈硬化の原因

Female

コレステロールは肥満の原因ではありますが、全ての成分が体に悪影響をもたらすものではありません。ある程度のコレステロールはいくつかの器官が働きを保持するのに必要です。しかし、一般的に悪玉コレステロールと呼ばれるものの値が高くなると、健康に以上をきたす可能性が高くなってしまいます。ldlコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれる成分のひとつで、食べ過ぎなどが原因で数値が高くなることがほとんどです。体の中でコレステロールの増加を抑えることが可能なのですが、食べ過ぎはその抑制効果を超えてしまうため、ldlコレステロールを増加させる原因になるのです。また、肥満体型もldlコレステロール値を高くします。中性脂肪が溜まっていると血中の糖度を調整するインスリンの働きが弱くなってしまい、さらに脂肪が溜まってしまうような悪循環になります。それに伴ってldlコレステロールの値も上昇し、メタボリックシンドロームや動脈硬化などを引き起こしてしまうのです。サプリメントでldlコレステロール値の上昇を抑制することが出来ますが、そうしたサプリメントを使用する場合には適度な運動なども合わせて行なうことが大切です。

ldlコレステロール値が上昇するのは食べ物が原因となることがほとんどですが、ストレスなども大きく関係しています。仕事が多忙であったりする場合には肉体的な疲労が蓄積しますが、精神的な疲労も徐々に溜まっていきます。ストレスを感じていると副腎皮質ホルモンが多く分泌され、血管の収縮などが起こりやすくなるのです。ldlコレステロールによる動脈硬化のリスクをさらに高める可能性があるストレスの蓄積は、現代人が動脈硬化を起こしやすい原因のひとつであると考えられます。ストレスを解消することが何より大切ですが、サプリメントを摂取してldlコレステロールのはたらきを抑制することが出来ます。ldlコレステロールに効果のあるサプリメントはネットなどでも購入が可能です。